スタッフ紹介

当店のスタッフ紹介ページです。
広島の子育て経験豊富なベテランママFP、子育て中のお姉さんママFPなどがご対応いたします。

会社概要と代表あいさつはこちら


中川さんプロフィール画像

中川 美佐(なかがわ みさ)

出身地 広島県東広島市黒瀬
生年月日 1967年7月
家族構成 夫と息子一人、娘二人
趣味 旅行、神社巡り(ご朱印集め)
好きな言葉 一期一会

自己紹介

私の社会人としてのキャリアは、地元広島の百貨店「福屋」から始まります。
高校を卒業し、新社会人としての就職先に「福屋」を選んだのは、当時同じく地元にあったの百貨店の「そごう」に友人が就職するというので、「じゃあ私は福屋にしよう」という何とも単純な発想からでした。
当時の福屋は8階に文房具売り場があり、その文具売り場への配属となりました。
時はバブル真っ盛り、様々なものが日々飛ぶように売れ、来る日も来る日も外商さんからの別注文(ボールペン等)をただひたすら包装していたように記憶しています。

また、22歳の時、福屋の代表として「海と島の博覧会」という平成元年に広島で開催された博覧会へ参加したこともあります。4か月という短い開催期間でしたが毎日がお祭りのように楽しく、充実した日々でした。

その後、結婚・出産により福屋を退職し、専業主婦となりました。
この専業主婦の頃がかなり苦戦の毎日を強いられた時期でした。
はじめての子育て、そして家事に追われる日々、、、
当時は今のようにスマホで簡単に情報が調べられない時代だった事もあり、その時は色んな意味でかなりしんどかった事を覚えています。子どもたちは育児書とおりに育ちませんし、何が悲しいのかすぐに泣く。。。

幸いにも当時、夫の仕事の関係で社宅に住んでいましたので、同じ社宅に住まわれている子育ての先輩たちに様々なことを教えてもらいながらの育児でした。
今振り返れば、もっとゆったりとした気分で子育てをしても良かったかも、とも思います。

家事と育児に追われる中で「絶対にやらなければならない」事など、そうそう無いものですが、女性はどうしても「すべてやらなければ」という責任感からか頑張りすぎてしまうものです。
私自身も、その時は子育てに一生懸命になり過ぎていたのかもしれません。

子どもたちがある程度大きくなった頃、友人に誘われ外資系保険会社に勤めたのをきっかけに、
このFPという道を志し、今年で11年目になります。
そんな子育ての経験があるので、今、日々面談するお客様は子育て世代の方が多いですね。
「焦らなくてもいいからね」「大丈夫だよ」というメッセージをお伝えしながら色んなお話をしています。

子どもも男の子一人、女の子2人の計3人いますが、皆それぞれ無事に成長・独立し頑張ってくれています。
とはいえ結婚はまだですので、孫はまだかなぁと待ち望んでいる日々を送っております。
今までの人生経験をもとに、子育て中の方だけでなく、働く女性やご年配の女性など、「すべての女性の味方でありたい」と思っております。
私のモットーは、わかりやすく、親切、丁寧に様々な情報をお伝えすることで、お客様が人生を生き生きと過ごされるようにお手伝いをさせていただくことです。

平田さんプロフィール画像

平田 麻由美(ひらた まゆみ)

出身地 島根県益田市
生年月日 1991年5月
家族構成 夫と、現在長女を妊娠中
趣味 温泉旅行
好きな言葉 実るほど頭が下がる稲穂かな

自己紹介

私は島根県益田市という山と海に囲まれた田舎町で生まれ、就職のため高校卒業と同時に広島に移住しました。
現在は広島の方と結婚し、この度子どもを授かったので、これから出産・育児に向けて子育てについての勉強の毎日です。

島根県の山の中すくすくと育った私ですが、実は、父を3歳の時にがんで亡くし、母が女手一つで育ててくれました。
生活は豊かとはい言えなかったかもしれませんが、それでも母の愛情や親戚の方々の暖かい手助けを受けながら兄と共に健やかに成長していきました。
母はとても苦労したと思いますがそれでも「毎日笑うこと、おいしいご飯を食べること」は欠かさないように、と愛情をそそぎながら育ててくれました。
しかしやはり、大黒柱がいないというのは経済的に難しいもので、中学生の頃、将来は薬剤師になりたいという夢を持っていましたが、経済的な理由もあり地元唯一の進学校に進む夢は諦めざるを得ませんでした。

であれば、将来の就職に役立てたいと商業高校に入学。
自分の性格に合っていたのか商業の勉強はとても楽しく、卒業後は地元企業に事務職として就職できればなぁと思っていた高校2年生の秋、リーマンショックによる世界的不況は島根県の片田舎にも影響を及ぼしました。
高校3年生の春、担任の先生から言われた言葉は「島根県全域、高卒の就職募集が一切ない」との言葉でした。
それまで就職しか考えていなかったので、家の事情もあるし、これからどうしたらいいかとすごく悩んだことを思い出します。
そんな時、当時の担任の先生から「広島県の地方銀行の人事に卒業生がいる、その銀行を受けてみたらどうだろうか?」と勧められ、広島のもみじ銀行に無事就職、島根県を離れ広島に出ることとなりました。

もみじ銀行では、窓口で住宅ローンの相談、相続の手続きなど様々な業務をさせてもらいましたが、
入行3年目からは窓口で保険販売の業務についたことが今FPとして働く大きなきっかけとなりました。

銀行の窓口には様々な人が来ます。
孫のお年玉のためにと来られるご年配の方、子どもさんが生まれたからと新しい口座を作られる方、引越ししたから住所を変更したいなど。そんな理由で訪問された人たちにいろいろな保険をご案内するのですが、お客様とお話をすると、子どもさんの将来のために準備してあげたいんだという思いや、お父様が亡くなられて残してくれた大切なお金をきちんと残しておきたいんだという思い等、様々な思いがあり、その思いに答えられるような案内をすることにとてもやりがいを感じていました。
しかし、私が銀行にいた4年間は、世間は不景気の真っただ中。
お客様の意向に沿いたいという私の思いと、企業収益として販売すべき保険商品や金融商品が合致することはまれで、お客様に無理を強いてしまうことも多々ありました。
その時「ふと、お客様の気持ちにもっともっと応えたい」との思いが強くなり、銀行を退職し国内生命保険会社に転職することを選びました。
そこで保険を基礎から学ばせてもらいましたが、一つの保険会社の商品だけでは、お客様の想いに応えることはなかなか難しいと感じ、その後FPとして独立。
現在はFP事務所兼保険代理店のサンドアーズにて活動し、2019年で金融業界10年目になりました。

日々お会いするお客様の、家族を守るためにはどんなリスクに備え、どんな準備したらいいのか?という疑問には、私の体験をふまえながらお話しし、安心できる日々をお届けできるようお手伝いさせてもらっています。

これからは、私自身も新人子育てママになるので、子どもの成長を見守りながらも、悩みを抱えてるいる子育て世代のママ達に「私も同じ思いだよ、でも大丈夫だよ」と心から寄り添えるFPとして頑張っていこうと思っています。

森 信治(もり しんじ)

出身地 広島県広島市
生年月日 1970年3月
家族構成 妻、娘二人
休日の過ごし方 散歩、読書、美術館巡り
好きな言葉 七転び八起き
一生のうちに行きたいところ イースター島、マチュピチュ

自己紹介

私が社会人としてスタートしたのはバブル景気が終わり2~3年経過した頃で、地元金融機関に就職した私の最初の担当は預金全般の後方事務でした。
バブルが弾けて以降年々預金の金利は下がっていましたが、それでも昨今よりは高く、多くのお客様が定期預金を預けるために支店にお越しになられていました。
その後幾つかの支店で業務を経験する中、お客様から預金や融資関連以外の相談を承ることも多くなりました。
具体的には、資産運用や生命保険、お子様の教育資金のご相談や、相続・事業承継、
はたまた実家の一人暮らしのご両親の心配事など…。
そのようなお話を聞くたびに、もっと自分で何かお役に立てることはないかと考えるようになり、ファイナンシャルプランナー(以下FP)という職種に興味を持ちました。

FPとは、お客様の家族構成や資産状況などをヒアリングし、それを基に住居・教育・老後などの将来の資金計画をプランニングしアドバイスを行う仕事ですが、このまま地元の金融機関で偏った仕事をしていてもFPとしてお客様に接していくのは難しいと感じ、30歳の時に外資系の生命保険会社に転職しました。

保険会社では、生命保険・損害保険は勿論の事、資産運用についても多くの事を学びました。前職に比べると、お客様ともより深いお話をさせていただく機会も増え、FPとして沢山の経験をさせて頂きました。
また、在籍中は管下組織のマネージメントも兼務しており充実した日々を送っておりましたが、
とある全国規模の保険代理店から、中国地方最初の支社を広島に出すにあたり責任者をやってみないかと声をかけていただいたことをきっかけに、10年以上務めた保険会社を離れ、保険代理店の支社長として新たな日々が始まりました。

広島支社を開設した当初から本当に沢山のお客様との出会いに恵まれました。
中国5県と広範囲に担当していたこともあり、約2,000世帯ものお客様とお会い出来たことは私の財産でもあります。
反面、面談のための移動にも多くの時間を費やすこととなり、何とかお会いできても
お客様と向き合う時間は十分とは言えず、FPとしてジレンマを抱えることも多くなっていました。
会社のシステム上、お客様との面談に関してスケジューリングがコントロールできない側面があり、初面談後、具体的な提案を早く聞きたいと言って下さるお客様の次回面談が翌月以降になるなど、自分自身の中で納得感のある仕事が出来ていないと感じることもしばしば。
代理店自体は順調に店舗数も増え軌道に乗り始めていたものの、組織が大きくなればなる程社内での堅苦しさが増え、最初の頃の自由な職場とは異なり支社の独自性も失われてきたと感じ始めた頃、改めて自分自身がやりたい仕事とは何なのか?どのような環境でならFPとしても活動を広げていくことが出来るのだろうか?と考えた結果、サンドアーズの一員として再度スタートを切ることとなりました。

約2,000世帯もの方々にお会いして思うのは、改めて皆さんの考え方は十人十色だという事。
例えばセカンドライフひとつとっても、仕事柄まずは一般的なお話から始めるのですが、それだと相手の心には響かず、やはりお客様自身が持っておられる思いに寄り添うことで初めてお話が前進していきます。
だからこそ一人一人と時間をかけて向き合いながら、その方の想い、目標、夢の実現に少しでもお役に立ちたいと思っています。私のこの思いを理解し仕事を任せてくれている会社には大変感謝しています。

私自身は読書やボードゲームなどのインドアから日帰りキャンプなどのアウトドアまで幅広く興味を持つタイプですが、子どもの頃は小学生の時に少年野球チームに所属してからずっと野球ばかりやっていました。
プロ野球は広島県人らしくカープが好きで、昔から堂林選手を応援しています。その他のスポーツ観戦も好きなのですが、最近では娘の熱量に押されて箱根駅伝を毎年欠かさず観ています。
休日はもっぱら家族で行動することが多く、特に二人の娘たちと出かけることが日々の息抜きとなっています。旅行というほどでもないのですが、散歩やサイクリング、遠方の街へ出かけての散策などを一緒に楽しんでいます。
子供たちが大きくなって運転免許を取得したら、日本全国を一緒に制覇してみたいですね。交互に運転しながら色んな場所に出かけ、ご当地を散歩しながら穴場のお店を見つけて食する、そんな時間が持てれば最高だなと思っています。

全てのご家族が幸せに暮らしていっていただきたい。将来への不安を一つずつ解決していくお手伝いをしたい。子供たちに暗い未来ではなく夢や希望の明るい連鎖が起こるように一人の大人として世の中の役に立ちたい。
私のFPとしての思いです。
これからも沢山の方々とお会いする中でお客様の将来の夢や目標に沿ったライフプランを一緒に作り上げていきたいと思います。皆様とお会いできる機会を楽しみにしております。

横山 広(よこやま こう)

出身地 広島県広島市
生年月日 1994年11月
出身校 広島市立翠町小学校
広島市立翠町中学校
広島県立広島国泰寺高等学校
広島修道大学
家族構成 父、母、兄一人、姉一人
趣味 フットサル、釣り(エギング、ショアジギング)

自己紹介

私は広島に生まれ、広島で育ってきました。そのため、地元広島で成長していきたいという想いをもって過ごしてきました。
大学では経済学を学んでいたこともあり、将来は金融関係の仕事をしたい、そして人の役に立つ仕事をしたいという気持ちが強かったことを覚えています。
結果的に、私の社会人としての第一歩は共済団体に就職することから始まり、
現在はファイナンシャルプランナー(以下FP)事務所兼保険代理店のサンドアーズにて活動しています。

今思うと、金融関係の仕事の中でも保険業に興味を持ったきっかけは、2011年3月11日の東日本大震災があったからだと思います。
当時高校生だった私は、旅行で大阪にいました。実際に私が感じた揺れは、身の危険を感じる程ではなかったように思います。ですが、ホテルに戻ってテレビをつけた時の衝撃は今でも忘れられません。
現実にこんなことが起きてしまうのか、広島の状況はどうだろう、身の回りの人に被害はないか…と様々なことを考えました。ですが、すぐに何ができるでもなく大阪で時間を過ごし、翌日に広島に戻ることになります。

広島では幸いなことに大きな被害はなかったと聞きました。しかし、中学生の時に所属していたサッカーチームの先輩が、関東で仕事中に被害に遭い、亡くなったことを知りました。
話を聞いたときには、全く信じられませんでしたし、信じたくないという感情があったと思います。葬儀で先輩に再会したときは様々な想いとともに、何もできない無力さを強く感じました。その無力さがあったからこそ、何かあったときに誰かの役に立てる人間でありたいという自分の軸ができたのだと思います。

共済団体の職員として勤務していた際には、西日本豪雨災害がありました。
皆さんもご存じの通り、広島でも大きな被害があり、当時火災共済を担当していた私はすぐに被害現場に向かいました。
東日本大震災のときには無力さを感じた私でしたが、現場でお客様の声を聞くこと、顔を見て話しをすること、そして補償という経済面での手助けができ、微力ながら人の役に立てたのではないかと思います。
また同時に、火災保険や自動車保険のような損害保険だけでなく、生命保険も含めてトータル的に保険を学べば、どんなときでもお客様の力になれるのではないかと思いました。

現在は、ご縁がありサンドアーズで日々勉強をしています。
前職と比べてご案内できる商品の数は多くなり、お客様一人ひとりに合ったご提案ができるようになりました。覚えることは多いですが、その分お客様にとって何が本当に必要なのかを考えられるので大きなやりがいを感じています。

私の目標は、どんな些細なことでも、お客様から「ひとまず横山に聞いてみよう」と思ってもらえるようなFPになることです。
そのため、安心できる日々の備えを一緒に考えていけたらと思いますし、お役に立てる情報をお届けしていきたいと思っています。不安や疑問があれば、一緒になって解消していきましょう。

0120-849-310
当店へのご予約・お問い合わせはこちら

【広島電鉄 八丁堀駅より 徒歩5分】

〒730-0013
広島県広島市中区八丁堀11−28
朝日広告ビル3F

ほけんのトビラ
株式会社サンドアーズ

詳しいアクセスはこちら

PAGE TOP